m点

2012.11.27 仔犬スクスク成長中!

みなさん、こんにちは!
今回は11月10日に誕生した、かわいい仔犬たちの写真を紹介いたします☆

20121127-135434.jpg誕生してから2週間になりますが、800グラム〜1キロほどに成長していました!といってもまだまだ手の平サイズです!

20121127-135627.jpg
みんなミルクをたっぷりもらったばかりでぐっすり☆起きるとピーピーと言いながらハイハイで動き回っていました!
その姿に癒されて、時間を忘れてしまいました!

20121127-135847.jpg
この仔は毛色はブラックですが、よーく見ると爪だけ白いんです☆これからどうなるのかな?楽しみです!

20121127-135955.jpg
あんよがピンクに黒のブチが入っている仔もいました☆うーん、かわいい肉球!!

20121127-140106.jpg
仔犬たちのママも元気に過ごしていました。大仕事お疲れ様&ありがとうねぇ☆仔犬を優しく見守り中です!

20121127-140231.jpg
仔犬たちの産箱には今までの仔犬誕生の歴史が描かれてありました。こちらはブリーディングウォーカーさんが描いてくださったものです☆
繁殖犬や産まれた仔たちをとっても大切に育ててくださっていることに、大きな愛を感じました!本当に感謝でいっぱいです!

20121127-140619.jpg
こーんなにかわいいパピー達、スクスクと成長中です☆

2012.11.26 慰霊碑

当協会の慰霊碑におきまして、盲導犬引退犬「サラ」の納骨がユーザーさんと引退犬オーナーさんに見守られる中、行われました。

「サラ」、今までお疲れさまでした。たくさんの思い出をありがとう。

ゆっくり休んでください。

 

写真にあるように、当協会の慰霊碑には、来所された方々によって常に花が添えられております。

皆様には深く感謝申し上げます。

 

2012.11.21 犬舎の床暖房を開始しました!

こんにちは!

窓につく結露が冬のおとずれを感じさせる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

20121121-135825.jpg大谷街道の大きないちょうの木が色づき、黄金に輝く木のようです。

さて、犬たちが過ごす犬舎も寒くなってまいりました。
コンクリート造りなので、夏はひんやりと冷たく気持ちがいい床も、冬は氷のように冷たくなります。
そんな犬舎ですが、犬たちの寝床にはちゃんと床暖房が完備されているんですね!
しかも、犬たちが熱くて逃げ場がない!!ということがないように、奥側半分だけに設置されており、手前半分は熱いときの逃げ場になっています。

かといっても、犬たちが熟睡すると熱くても気付かず、低温やけどをしてしまう、といった怖い事態も考えられます。
そこで私たちは温度を手で触って確認する、ということを一日3回行っています。
まず、犬たちが寝床につく17時、そして21時頃、一番床暖房が温まる時間に、そして翌朝8時30分、熱くなかったかどうかの確認を行っています。
ただ単に手で触るだけではダメです。10秒じっと手を置いていて、ほーんのーりあったかいかな?どうかな?というくらいの温度が適温です。
犬たちが寝ていたであろう場所と、何もない場所の温度も保温されているかどうかで全く違うので、犬の寝ている下に手を入れて温度を念入りにチェックしています。

20121121-140922.jpgちょっと失礼!!『なぁにー?遊ぶの?』

20121121-141017.jpg笑!!
遊びじゃないんですよっ。

20121121-141103.jpg『ボクはもう眠くてそれどころじゃありあせぇん。。グーグー』

20121121-141258.jpgみんな床暖房が入っているところがわかっているようで、端っこでぬくぬくとしています☆

20121121-141354.jpg『むにゃむにゃ。。』毛布はいたずらしない犬に敷いています。
毛布を敷いている犬の所と、敷いていない犬の所でまた温度が違います。
それも念入りにチェックしています。

20121121-141548.jpgチェック表と床暖房のスイッチです。
温度が安定するまで毎日かかさずチェックしています。

20121121-141703.jpg『ご苦労さんー!!』
協会の大切な犬たちは職員の念入りな管理の下、健康・安全第一に過ごしております。
これからも応援よろしくお願い致します!!