活動日誌

2013.01.24 春のけはい

先日は雪が降り、協会周辺も雪一色の景色となりましたが、そのような中、小さな春を敷地内で見つけました。

今日も肌寒く春が待ち遠しく感じますが、少しずつ春を迎える準備を植物達はしている様です。

水仙の芽が芽吹いていました。この花壇には春になると水仙やチューリップなのどのお花が

たくさん咲いてくれます。春になるのがいまからとても楽しみです。

水仙の芽が伸びて来ている様子

協会の猫で最長老の「ヤマト」じいちゃんも寒い冬を頑張って乗り越えようとしています。

人間の年齢で言えば100歳位ですので、「ヤマト」じいちゃんにとって寒い冬は体に応えます。

「ヤマト」じいちゃん!もう少しでお花がたくさん咲く季節がやって来るからね!

寒い季節を頑張って乗り越えようね。

協会猫ヤマトじいちゃんが花を眺めている様子

まだまだ、寒い季節は続きますが、皆様も体調を崩さぬようお体にご自愛ください。