活動日誌

2013.03.28 ラブラドールレトリバーの毛のお手入れ part.3

みなさん、こんにちは!

栃木県内もちらほらと桜が咲き始めており

来週あたりには満開になりそうです!

協会の近くには全国でも有名な孝子桜(こうしざくら)があります。

お花見をされたあとに、是非当協会にもお立ち寄りくださいね!

 

さて、今回はラブラドールレトリバーの毛のお手入れ

実践編になります。

換毛期まっただ中のワンコちゃんお待たせ致しました。

そうでない方も日々のお手入れに必見です!

 

それでは、前のブログでご紹介した

グルーミング用具をご用意ください。

 

①まず、犬をグルーミング台に乗せます。

自分から飛び乗ろうとする犬もいますが

当協会では怪我を防ぐために

抱っこで乗せています。

カラーをつけてグルーミング台に乗った犬

グルーミング台がなければ

カラー(首輪)をつけましょう!

 

②次にゴムブラシで全身の毛を逆立て抜け毛を浮き上がらせます。

逆立てることがポイントですね。

ゴムブラシで毛の流れと反対の方向にとかす

マッサージするようにしっかりめにとかします。

しっぽや耳、足や指先など

毛の生えているところは全てとかします。

足をとかしている頭をとかしている

脚も。。        頭も。。。

後ろ脚をとかしている胸をとかしている

後ろ脚も。。      胸も。。。

頭のてっぺんをとかしているほっぺをとかしている

おでこも。。      ほっぺも。。

たくさん毛が浮き上がってきますよ♪

 

③次に、毛が浮き上がらなくなってきたら

毛の流れに沿ってとかします。

毛の流れにそってとかしている

このときも毛の生えているところ

全てブラッシングしてあげてください。

 

浮き上がった毛を取り除いていきましょう。

換毛期であれば、ゴムブラシにびっしり毛がつくことでしょう!

 

④次に両目コームで毛並みに沿ってとかします。

両目コームで背中をとかしている

このときコームは皮膚に対して直角に入れます。

皮膚に一番近い毛を取り除くものなので

毛の付け根あたりまで深くとかしてください。

強すぎると皮膚を痛めますので

ほどよい加減でとかします。

おしりをとかしている後ろ脚の裏をとかしている

毛が長い部分はゴムブラシよりも

こちらの方がよくとれるときもあります。

前足の裏をとかすしっぽをとかしている

前脚の裏やしっぽ!毛の長い子、多いですよね!

あごの下をとかしている

首周りも毛の長い子が多いと思います。

たくさんとれて気持ちがいいですよ♪(犬も人も!)

コームにたくさん毛がついている

こんなにとれました!さすが換毛期です。

 

訓練犬もびっくり♪?!

 

⑤次に豚毛のブラシで毛並みに沿ってとかします。

豚毛のブラシでとかしている

気持ちがよさそうです。

豚毛のブラシに毛がたくさんついている

コームで取り切れなかった細かい毛が

こんなにたくさんとれました!

 

訓練犬またまたびっくり♪?!

 

豚毛のブラシについた毛は

コームを使ってお掃除します。

コームで豚毛のブラシをとかしてそうじ毛がとれていく

このようにすれば楽にお手入れできます。

 

⑥次にかたく絞ったタオルで拭き上げます。

タオルが汚れていない一番初めに目の周りを拭きます。

目の回りを拭く

その後全身をワシャワシャと拭き上げます。

この時もマッサージするように強めに拭きます。

顔を拭いている背中を拭いている

口の周りもしっかりと! 背中もゴシゴシと!!

指の間を開いている肉球・指間を拭いている

指の間も汚れています!しっかり開いて丁寧に!

しっぽを拭いているお腹を拭いている

しっぽ、お腹、肛門周りも汚れやすいポイント!忘れずに♪

頭にタオルをまいているタオルをはちまきにしている犬

お決まりのコミュニケーション?!できあがりはおめかしを!笑

 

⑦最後に両目コームで毛を整えてあげれば終了です。

毛がたくさんとれた

こんなにたくさんの毛が取れました!

さっぱりした表情ですね♪

 

⑧最後に忘れてはいけないことがありましたね。。

みなさん覚えてますか?

 

そうです!排泄です!

グルーミング後は必ず!!させてあげましょう。

排泄をする犬

逆にいえば、排泄のリズムがつかみにくい子は

グルーミングをしてマッサージしてあげて

出る機会をこちらで作ってあげてもいいですね!

 

以上でラブラドールレトリバーの毛のお手入れ実践編は終了です。

これから楽しんでグルーミングできそうですか?

 

 

次は換毛期の強い味方、シェッドバスターについてのご紹介をします!

乞うご期待くださいませ!