m点

2013.08.28 ウエルカムデー夏休み子どもスペシャル2013!レポート③

 

みなさんこんにちは。

まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

先日行われました「ウエルカムデー夏休み子どもスペシャル2013」イベントレポートの続編です。

「ユーザーさんのお話」という時間で、実際に盲導犬と生活している盲導犬ユーザーさんに講話をしていただきました。

 

まずはその時の様子です。

盲導犬ユーザーのお話の様子

開始前から、会場内が満席で埋まってしまうほどの人気ぶりでした。

 

 

盲導犬ユーザーがお話をしている写真

 

講話の最初に「質問などの投げかけに対して、相づちで返事をしないで、声に出して返事をするように」

という約束事がありました。

みなさんが返事をすることで、会場全体の人数、距離、座っている位置などが想像できるから、という理由です。

 

 

さっそく「わかりましたか?」という問いに、元気よく「はい!」と応える子どもたち。

さすが理解が早いですね!!

 

講話中の会場全体の様子

 

 

盲導犬を持つ前のこと、盲導犬を持ってから生活が変わったことなど、

様々な体験談をとてもわかりやすく話してくださいました。

みなさんとても熱心に聞いていて、メモを取る子どもさんもいたのが印象的でした。

 

現役の盲導犬ユーザーさんのお話を聞く機会はなかなかないので、

とても貴重な講話をしていただきました。

ご協力くださったユーザーさん、本当にありがとうございました。

 

次回のイベントレポート④もお楽しみに!

 

 

 

2013.08.26 ウエルカムデー夏休み子どもスペシャル 2013!レポート②

前回に引き続きましてウエルカムデーのレポートです!

 

犬舎を見学するご家族の写真

日頃、訓練犬が過ごしている犬舎にも

たくさんの方が、見学に来てくださいました。

掲示物をじっくり見てメモをとられる方や、

職員に質問してくださる方など、

みなさん一生懸命に盲導犬のことを勉強してくださっていました。

訓練犬の犬舎での生活を

少しでも垣間見ていただけたでしょうか。

 

アイマスクを付けて白杖での歩行を体験する女の子とサポートする職員の写真

ロービジョン体験コーナーで職員の話を聞く方々の写真

そして、白杖やロービジョンの体験コーナーも、

みなさんとっても熱心にご参加くださいました。

白濁のアイマスクを付けて体験するご家族の写真

ロービジョンとは、見えにくい、少し見えるということです。

こちらは、アイマスクを使い体験していただきました。

白濁と視野狭窄のアイマスクの写真

それぞれのアイマスクで、文字や紙の色、文字体、

文字の大きさの違う紙を見比べてもらい、

工夫することによって見やすくなるということ等を体験していただきました。

訓練犬の様子が描かれた掲示物の写真

眼のしくみについて書かれた掲示物の写真

協会内のいたるところにご用意した掲示物も、

みなさん、ご覧いただけましたでしょうか?

 

このウエルカムデーに、ご参加いただきましたみなさんにとって、

より多くのことを感じ、学んでいただける場となっていただけましたら、

とても嬉しいです。

 

それでは今日のレポートはここまで。

レポート③をお楽しみに!

 

 

 

 

2013.08.26 しもつけの心2013夏に掲載されました

しもつけの心2013夏の冊子表紙

今回は犬舎作業ボランティアさんや、

啓発活動のお話です。