イベント

5/18(日)アーバンドック ららぽーと豊洲にてイベントを行いました!

  • 開催日:2014.05.18 11-16時
  • 開催地:アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区豊洲2-4-9)
  • イベント内容:募金活動, チャリティグッズ販売, デモンストレーション, 犬たちとのふれあい

先日、アーバンドック ららぽーと豊洲で「盲導犬ふれあいイベント」を開催しました。

お天気にも恵まれ、大勢のお客様にお越しいただくことができましたので、今日はその模様をレポートいたします。

 

「海の魅力がストレートに感じられ、心地良く過ごせる親水空間の創造」というコンセプトのもと

建設されたアーバンドック ららぽーと豊洲。

今回、会場となりましたセンターエントランス イベントスペースは、ほとんどの方がここを行き来する、

まさにハブ的存在の場所です。

 

準備が整いました。チャリティーグッズ販売にご協力いただいたボランティアさん

 

 

今回は、啓発デビューのパピーとパピーウォーカーさんにもお手伝いいただきました。

訓練犬たちに交じって…

あとはご来場者の方々をお迎えするばかりです。

 

啓発デビューの1歳齢のパピー”コンニチハ!ボク、キノウイッサイニナッタバカリデス。ハジメテノイベントダケド、ガンバリマース!”

啓発デビューのパピー。downしてカメラ目線”イマハコレガセイイッパイナンデス。オシリノホウカラナデテクダサイ”

 

初めての啓発参加に、最初こそ緊張していたものの、PWさんの声かけと優しいtouchで

徐々に慣れてきたみたいですね。

上手になでてもらえました。”Good!”

初めて啓発でなでられて「テヘッ」という表情のパピー”アレ? ナデテモラウノッテ アンガイキモチイインダネ”

 

横になるパピー“グーグー… ムニャムニャ… ”

 

イベントというのは、経験豊富な訓練犬にとっても特別なものです。

全ての訓練犬がすぐに寝てしまうのかと言ったらそんなことはありません。

ふれあい中の訓練犬”ワタシハ、キョウサンカノユイイツノオンナノコデス。ヨロシネ!”

子供たちになでられても爆睡中のPR犬”ボクハ…ドコデモスグニネチャウンダ”

すべては経験です。しかも、その一つ一つの経験を”良い学習”に変えてあげることが大切なんです!

 

 

デモンストレーションが始まることには、会場は大勢のご来場者の方々で埋めつくされました。

デモでは40名以上もの大勢の方にご覧いただくことができました

 

基本訓練中の訓練犬。ヒールもよく集中してました!

基本訓練(DE)ヒールで歩く訓練犬

 

まるで「誘導訓練だって私に任せてね!」というような声が聞こえてきそうな堂々とした訓練犬。

誘導訓練の様子

 

デモンストレーションでは、「盲導犬の一生」をテーマの一つとして話をすすめています。

今回はPWさんにもご協力いただき、PWをはじめたきっかけ、パピーとの日常生活の様子や楽しいエピソードを

インタビュー形式でたっぷり披露していただきました。

デモの途中、PWさんへのインタビューに答えてくださっているPWさん

「PWをはじめたきっかけは社会貢献になればと思ったからです。」

「パピーが来てから、私たちの生活もがらりと変わりました。

初めてのPWに不安はありましたが、今は楽しい毎日です。みなさんも私たちと一緒にPWはじめてみませんか?」

そのように笑顔でお話しくださったご主人の傍らで、パピーを見つめる奥様の優しいまなざしが

とても印象的でした。

PWさん、素敵なエピソードをありがとうござました!

 

そんな中、足元のパピーは…

デモの中のパピーウォーカーさんへのインタビュー中。パピーは床でごろりと横になっています”ソンナエピソードガアッタンダネ。。。”

 

このように、初めての啓発で、しかも大きな会場。

最初からパピーコートを着用し、訓練犬たちと同じように敷物の上できちんと待機ができる…

そのようなことは、なかなかできることではありません。

これはきっと、PWさんの上手な対応と、ふだんに増して愛情たっぷりに接していてくれた結果でしょう。

パピーにとって、とても良い”経験”の機会となりました。

 

 

アーバンドック ららぽーと豊洲様では、今回が初の盲導犬ふれあいイベント開催となりましたが、

デモンストレーションでは、非常に大勢の方々に足をお運びいただき、最後まで熱心に耳を傾けてくださったり、

盲導犬の実情をご理解いただいた方からは、ボランティアやご支援方法についてお問い合わせいただくなど、

盲導犬に対して高い関心をお寄せいただくことができました。

これもひとえにアーバンドック ららぽーと豊洲ご関係者の皆様ならびに、ご来場いただきましたすべての方々の

おかげです。改めて感謝とお礼を申し上げます。

お手伝いいただきましたボランティアの皆さんも、ありがとうございました。