活動日誌

2014.07.21 盲導犬の排泄

みなさんこんにちは!

栃木県も梅雨明けしたようで、いよいよ暑さ本番の季節になりそうです☆

梅雨明けしても、栃木県民なら誰でも覚悟ができている、(?!)

突然の夕立ちと地面が揺れるほどの雷の季節到来でもあります。

 

さて,本日はみなさまからよくある質問で、盲導犬や訓練犬の排泄について説明させて頂きます。

よく、盲導犬や訓練犬は「トイレはガマンしているんでしょ?!」と言われます。

ハーネスをつけた訓練犬の写真

実は我慢させているということはありません。

我慢させていると、犬も人と同じで膀胱炎になってしまうので大変危険です。

 

ではどうしているのかというと・・・

1頭1頭の排泄時間を把握してあげて、その時間になると、人の方がトイレに出してあげます。

その際、「ワン・ツー!ワン・ツー!」という言葉が、トイレを促す掛け声になります☆

これは、パピーウォーカーさんの時代から行って頂いています。

 

おしっこが1日2~3回の犬もいれば、7~8回くらいする犬もいます。

うんちは大体1日1回~3回くらいする犬が多いですね。

その子に合わせたタイミングを把握し、トイレに出してあげることにより

犬も気持ち良くすごせることができるんですね!

 

盲導犬や訓練犬は、歩行前に「ワン・ツー!」と促してあげてトイレをさせることで、

歩行中にはトイレをしなくて済みます。

 

さて、排泄物を回収するための便利なグッズとして

ワンツーベルトというのがあります。

ワンツーベルトをつける犬

ワンツーベルトをつけている犬の後ろ姿

腰に回したゴムと、スーパーのレジ袋を使用し

おしっこやうんちがそのまま袋に入る。という大変便利なグッズです☆

これなら簡単にうんちを残さず回収でき、公共の場を汚さずにすみます。

盲導犬のユーザーさんたちも実際にこのグッズを使用し

立つ鳥跡を濁さず☆の気持ちで色んなところに行かれているのですね。

ワンツーベルトをつけて排泄をする様子

・・・とこんな感じで排泄物を回収しています☆

 

なお、ワンツーベルトはゴムのものだと使用しにくいため

現在縫製ボランティア様にご協力頂きまして、ナイロン製のベルトで開発中です!

使用する人が使いやすいように、また、排せつ物が漏れないように・・・など試行錯誤を繰り返しています!

仕上がり次第、ユーザーの皆様にお渡しできればと思っています☆

ご協力頂いている縫製ボランティア様には、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつも本当にありがとうございます!!

 

また、スーパーのレジ袋は少し大きくて使えないのですが

コンビニのレジ袋をご寄付くださるボランティアさんもいらっしゃいます☆

コンビニのレジ袋は大きさがちょうどよいので、大変助かっています。

消耗品ですので何枚あっても助かりますので、もしも家庭でいらないコンビニレジ袋がありましたら

(穴のあいてないものに限らせてもらいますが)協会までお持ちくださいませ☆

 

さて、盲導犬の排泄について、お分かり頂けましたでしょうか?

それでは、また!