m点

2014.12.22 12/6 佐野プレミアム・アウトレットでイベントを行いました!

12月もいよいよ後半になりましたね。

先日、今年最後の盲導犬ふれあいイベントを、佐野プレミアム・アウトレットにて開催しました。

当日は抜けるような青空でしたが、非常に寒い一日でした。

そのような中、会場には地元栃木県のみならず、東京都、埼玉県をはじめ、非常に多くの皆さまにお越しいただくことができましたので、

その様子をレポートいたします!

会場の様子

犬たちも、ご来場のみなさんをお迎えする準備が整いました。

パピーもお客様をお迎えする準備ができたよ”コンニチハ、ハヤクサワッテクダサイナ”

参加してくれたパピー”ワタシモジュンビバンタンデスヨ”

さあ、いよいよイベントが始まりました。

さっそく、1頭のパピーの背後から、子どもさんの小さな手がす~っと伸びてきましたよ。

触らせて!パピーに子供の小さな手が伸びてきましたようやくさわれたね

”ダレカナデテクレナイカナ…?”   ”ワァーッ、ウシロニイマシタカ。コンニチハ!ナデナデシテクダサイナ”

 

パピーたちは、あっという間にご家族連れでお越しの方々に囲まれていました。

 

今回も、盲導犬について広く知っていただくため、デモンストレーションを行いました。

デモンストレーションでは、視覚障害について、盲導犬の一生についてのコーナーではインタビュー形式で

PWさんのパピーとの楽しい日常のエピソードをたっぷり披露していただきました。

PWさんへのインタビュー”みなさんもぜひ私たちと一緒にPWやってみませんか!”

 

公開訓練のデモでは、訓練の方法や盲導犬のお仕事について、実際に訓練犬と一緒に動きながらお話をさせていただきました。

基本訓練では、5つの指示語を使います。が、その前に…実は大切なことがあります。

それは、まずは大好きなおもちゃで遊びます。そして徐々に集中してきたらそこに”GOOD”という言葉を織り交ぜていきます。

そして、指示語を使い、できたらその行動とGOODという言葉とをかぶせていきます。

基本訓練 まずは大好きなおもちゃで遊ぶことからはじめます!”ヘイヘイヘイ!タノシーゼ、ヤッホイ!

訓練犬と周りの方々の距離をご覧ください。

人との距離がこんなに近くであっても、集中してくるとハンドラーである訓練士のことしか見えなくなるんです。

大好きなおもちゃが欲しくて、視線を下げると…ほらダウンの出来上がり”ジーッ。ソノオモチャハヤクイタダケマセンカ?”

指示語ができたら、ほめる。

こうしたことを繰り返すことで、彼らは指示語の意味を覚え、次第に人が求めることが何なのかを自分で考え出すようになります。

 

 

次は誘導訓練についてです。この訓練はまさに盲導犬のお仕事そのもの。

誘導訓練のデモ”ボクニマカセテネ!”

登り階段では1段目に前足をかけて停止し、段差があることをハンドラーに知らせます。

登り階段や段差は、前足を2本一段目にかけて止まります”ダンサデスネ!””エッヘン。イッパイホメテモラエテウレシイナァ”

逆に下り階段では、その直前で停止します。

ユーザーが段差を確認し、次の指示があるまで彼らはテコでも動かない。

それが安全を確保することにつながるからです。

下り段差は、その直前で停止します”テコデモウゴキマセンヨ”

 

デモンストレーションの途中、寒気の影響で一時急激な気温の低下と風に見舞われましたが、皆さん最後まで熱心にお話を聞いてくださいました。

パピーはすやすや”マドロンデイタラネムクナリマシタ”

 

盲導犬は、BW,PWをはじめ多くの方々のご支援で育ちます。

彼らは、皆さんが注いでくださった愛情を、次はお返しに盲導犬となったとき盲導犬使用者のために安全な歩行のサポートをしてくれるのです。

当協会では、PW(子犬飼育ボランティア)を大募集しています!

ご興味のある方は、ぜひ協会にご連絡ください。

PR犬もふれあいで大活躍”コンニチハ。ハジメマシテ!”

 

協会の啓発活動もこの佐野プレミアム・アウトレットが今年最後となりました。

この一年、イベント開催にご尽力いただきました店舗様、ふれあいで参加してくださいましたPWさんはじめ、ボランティアの皆さん、

そして、イベントにお越しいただきましたすべての皆様にこの場をお借りし、心より御礼申し上げます。

 

佐野プレミアム・アウトレットでは、来年4月14日(土)にもイベントを開催いたします。

先日お越しいただけなかった方、ぜひ佐野プレミアム・アウトレット@遊歩道に遊びにいらしてください!

2014.12.22 キッズページのご案内

寒い日が続き、すっかり冬ですね。先日、宇都宮市では初雪が降りましたが、

協会最長老のヤマトはタオルに包まれて、一歩も出ようとしません。

ヤマトがタオルに包まれている写真

さて、既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

ホームページのお子さんバージョン、キッズページが出来上がりました!

キッズページの写真

お子さんたちには今までのホームページよりも

盲導犬について、より分かりやすく、楽しく知ってもらえるかなと思います。

これから寒さが厳しくなりますので、家の中で体を温めながら、

ぜひキッズページを見て下さいね!

 

さてお手伝い猫のサガワも寒さのあまり訓練犬と一緒に寝ています。

訓練犬と寝る嬉しそうなサガワの写真

サガワは温かい場所を見つける天才ですから、彼にとって訓練犬は湯たんぽみたいなんでしょうね。

サガワと訓練犬が一緒に寝ている写真

風邪をひかないように、仲良く寝てください!

クリスマスまでカウントダウンが始まりました!!

皆さまどうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください☆

2014.12.12 11月22日 イオンモール佐野新都市にてイベントを開催しました!

2012年より「盲導犬ふれあいイベント」開催において、盲導犬育成事業にご尽力いただいております

イオンモール佐野新都市にてイベントを行いました。

連休最後の日ということもあり、会場のセントラルコートは開店と同時に、ご家族連れの方々を中心に、

大勢の方にお越しいただくことができました。

イベント会場の様子

今回、参加したのは…訓練犬とパピー、それにPR犬。

いづれの周りには、ふれあいを楽しむ方々の笑顔であふれていました。

訓練犬もたくさんふれあっていただきました ”カラダハオオキイノデスガ、オダヤカデノンビリナボクデス”

 

PR犬ふれあい中”フレアイハオテノモノ。ヒトガトーッテモダイスキナボクデス”

 

コンニチハ”1サイニナッタバカリノパピーデス!ナデナデシテクダサイ”

 

こちらの会場は、毎回、このイベントを楽しみにしていただいている方が大変多く、今回のデモンストレーションでも

「盲導犬」について高い関心をお寄せくださっておりました。

デモンストレーション中

盲導犬は、視覚障がい者の方のパートナー。

盲導犬になるまでに彼らは、BWさん、PWさん、犬舎ボランティアさん、イベントボランティアさんなどなど…

多くのボランティアさんに支えていただきながら育ちます。

特に、パピー期は、身体の大きさとともに心も成長するとても大事な時期にあたります。

その時期は”不可逆的”、つまりもう二度と繰り返されることがない時間のため、PWさんにお手伝いいただき、

たっぷりの愛情と共に、犬の社会化、それに、良い経験をたくさん積ませてもらえるようにお願いしています。

 

さすがに啓発慣れしてきたパピーは、ふれあいにも動じません”イベントハタノシイナッ、テヘ”

 

デモンストレーションでは、盲導犬ならではの「排泄の工夫」を例にとってお話をさせていただきました。

盲導犬は視覚障がい者の方の快適で安全な歩行を提供する役割を担っています。

視覚障がい者の方の自立支援のため、お一人でも多くの方にお力をお貸しいただければ嬉しいです。

 

今後も、県南でもイオンモール佐野新都市様にご尽力いただきながら盲導犬普及活動を行ってまいります。

当日、会場にお越しいただきました皆様、イオンモール佐野新都市のご担当の方、ご関係者の方々には

この場をお借りし御礼申し上げます。

ありがとうございました。