イベント

とちぎロービジョンネットワークフォーラムを行いました

  • 開催日:2015.07.05
  • 開催地:宇都宮市総合福祉センター
  • イベント内容:募金活動, 犬たちとのふれあい

 

みなさんこんにちは

先日宇都宮市総合福祉センターにて、

とちぎロービジョンネットワークによるフォーラムが行われました。

 

とちぎロービジョンネットワークとは、見えない・見えにくい方々がよりよいサポートが得られるように作られた組織です。

当協会もこのネットワークに参加し、協力をしています。

 

今回のフォーラムの講演内容で、「触地図について」の講話がありましたので、

その内容をご紹介します。

 

「触地図」というのは、視覚に障害をお持ちの方が、触覚を使って空間認識を行う地図のことです。

最近は、駅の構内を説明する案内板や、デパートなどのトイレの入口にも設置されている施設が増えてきました。

 

今回講話のあった触地図は、最近話題となっている3Dプリンターを使った触地図です。

国土交通省の国土地理院と新潟大学が共同開発しているもので、

国土地理院の標高データと地理データを入力すると、3次元の立体模型ができあがります。

山はどんな形をしているのかという地形なども、触って確認することができます。

 

富士山の触地図

富士山の触地図です

 

青ヶ島の触地図

青ヶ島の触地図です。

 

東武宇都宮周辺の触地図

東武宇都宮駅周辺の触地図です。

日本地図の触地図

日本地図まで、3Dプリンターでできるようです!

 

これらのサンプルを実際に触って感じたことは、

今まで触って確認ができなかったものも確認ができたり、

盲学校の授業など、子供たちの教育にもとても有効なのではないかと感じました。

 

 

フォーラムの会場では、もちろん盲導犬との体験歩行や、白杖歩行などの紹介もしました。

 

訓練犬が待機している写真

 

これから暑くなりますが、みなさん体調管理には十分注意してくださいね。

それではまた。