活動日誌

2015.07.07 視覚障害リハビリテーション研究発表大会

みなさんこんにちは。

 

先日行われました、第24回視覚障害リハビリテーション研究発表大会の様子をお伝えします。

今年の大会は福島県の「コラッセふくしま」という場所で、6月27日、28日の2日間で行われました。

福島大会のテーマは 『視覚リハを学び、理解し、すすめよう!』 というもので、

医療・教育・福祉・就労など、様々な分野から研究の発表や問題提起などがありました。

 

多目的ホールでは口頭発表やシンポジウム、ランチョンセミナーが行われ、

企画展示室ではポスター発表や機器展示などが行われていました。

 

リハ大会ポスター発表会場の写真

ポスター発表の会場の様子です。

 

機器展示会場の様子

こちらは機器展示会場です。

どちらも参加者が多く会場を移動するのがやっとでした。

 

大会に参加して感じたことは、視覚リハの原点に返ることができる大会だったと思います。

「当事者の自己決定や本当の自立とはどういうことなのか?」

「リハビリテーションに携わる者として、どうあるべきなのか?」

ということをとても考えさせられ、勉強になった大会でもありました。

 

盲導犬育成事業は、視覚障害リハビリテーションの一つです。

盲導犬を必要としている方が、盲導犬を使用し自立した生活を送れるよう

これからもっともっと頑張らなければならないと感じました。

 

 

シンポジウムの様子

 

来年は静岡で行われる予定です。

次回はどのような大会になるのかまた楽しみです。

 

それではまた。