活動日誌

2015.11.23 同行援護講習会を行いました

みなさんこんにちは

栃木県視覚障害者福祉協会様からのご依頼を受け、

今年も同行援護講習会の実技指導に行ってきました。

 

同行援護とは、視覚に障害をお持ちの方が外出が困難な場合、

目的地までの移動の援護や移動に必要な情報提供、食事の介助等、

ご本人が外出をする際に必要な援助を、適切かつ効果的に行うことをいいます。

目的地まで安全に誘導するだけでなく、

外出先での情報提供や代筆・代読などの役割もあり、

視覚に障害をお持ちの方の社会参加や地域生活において

なくてはならないサービスです。

 

同行援護をする場合、一般的には『手引き歩行』で外出をすることになりますが、

今回はこの手引きの基本的な仕方の実習を行いました。

 

講習会講義の様子

講義もみなさん真剣に聞いてくださいました。

 

 

一段の段差の練習風景

2人1組がペアとなり、交代で練習をしていきます。

こちらの写真は一段の段差の上り下りの仕方の練習をしています。

 

 

バス乗降の練習風景

バスや電車の乗降の練習も行います。

バスの入口は狭くなっている場合が多いので、

その分注意が必要です。

 

 

エスカレーター練習風景

いろいろな場面を想定し、

階段やエスカレーターも練習をします。

 

受講者のみなさんは、最初は慣れない様子でしたが、

いろいろな方の手引きを体験することで、上手な言葉かけや

安全に誘導するこつを理解されたと思います。

 

これからも当事者のみなさんが楽しく外出できるよう、安全第一を心がけて

活躍してくださることを期待しています!

 

それではまた