m点

2016.07.22 小学校での盲導犬啓発活動にて

みなさんこんにちは!!

いよいよ夏本番!!…と思いきや、なぜか涼しい日もあり、体調管理には気を付けてくださいね。

 

盲導犬事業の大切なことのひとつとして、盲導犬のこと、盲導犬をつかう人達のことを知ってもらうための、小学校への啓発活動があります。

約60分のお話を、子どもたちは熱心に耳を傾け、さまざまなことを感じられているのではないかと思います。

自分が知ったことを、家に帰った後でご家族に話されたり、いつか大人になったときにふと思い出して改めて理解していただいたり…と、盲導犬を理解し社会へ浸透させていくために、子供たちはとても大きな役割を担ってくれています。

そして、東日本盲導犬協会は世界遺産・日光の近く。日光市の小学校に行くことも多くあり、移動中の美しい風景に思わずカメラのシャッターをきることも。

 

こちらは休憩で寄った湯西川近くの道の駅。

DSC_1054

小学校も緑豊かな山に囲まれ(写真は体育館)、講演には熱心な親御さんも聞きに来てくださいました。

DSC_1052 DSC_1048

 

もう一校は小来川(おころがわ)の小学校。こちらは職員1名で行ったため、小学校での様子は撮れませんでしたが、道中の景色を撮ってきました。

DSC_1057  DSC_1055

渓流と山の緑、空の青が美しく広がっていました。

 

遠いところでは2時間かけて啓発に出かけることもあります。

普段なかなか行かないような場所でもあるため、道中も景色を楽しみながら移動しています。

 

小学校や、どこかイベント会場で盲導犬のお話を聞く機会があれば、みなさんもぜひぜひ耳を傾けてくださいね!!

2016.07.22 きずな倶楽部 その50 「とちぎコープ生活協同組合」様

今年も「とちぎコープ生活協同組合」の理事長古口葉子様から、盲導犬の育成資金として多額の寄附金を贈呈していただきました。

寄付金贈呈の写真

「とちぎコープ生活協同組合」様には、平成12年3月から今日まで16年間にわたり、チラシや店舗のポスター等で生活協同組合員の皆様へお声掛けしていただき、たくさんのご支援をいただいてまいりました。

これまでのご支援、ご協力に心から感謝し、保坂和夫代表理事から感謝状をお送りいたしました。

寄付金贈呈の写真感謝状を持つ古口理事と保坂代表の写真

これからも皆様の期待に応えられますよう、良質な盲導犬を一頭でも多く育成してまいりますので、今後ともご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

組合員の皆様、職員の皆様、誠にありがとうございました。

「きずな倶楽部」では、これからも皆様からのご支援を紹介してまいります。

盲導犬の育成を応援してくださる温かい輪が、どんどん広がっていきますように、皆様のご協力をお願いいたします。

 

2016.07.21 きずな倶楽部 その49 「一般社団法人生命保険協会栃木県協会」 様

 

今回は一般社団法人生命保険協会栃木県協会様をご紹介させていただきます。

 

一般社団法人生命保険協会栃木県協会様はこれまでに

 

社会貢献活動として多方面において支援されております。

 

当協会におきましても、

 

盲導犬を希望される視覚障害者の皆様に

 

無償で貸与する事業の運営資金の9割以上が

 

多くの皆様方からの浄財で賄われている現状を知っていただき

 

3年前からご支援をいただいております。

 

今年も栃木県協会長(日本生命宇都宮支社長)の太田裕治様が

 

永野秀晴事務局長様と来所され、

 

伊藤文子業務執行理事に多額の寄付金を贈呈してくださいました。

 

一般社団法人生命保険協会栃木県協会長太田裕治様と伊藤文子業務執行理事

 

伊藤文子業務執行理事から太田裕治会長様に

 

「貴重な浄財を盲導犬の育成に大切に使わせていただきます。」と

 

お礼の挨拶をさせていただき、感謝状を贈呈させていただきました。

 

ご支援くださいました保険協会の皆様に心から感謝を申し上げます。

 

誠にありがとうございました。

 

一般社団法人生命保険協会栃木県協会長太田裕治様と伊藤文子業務執行理事