活動日誌

2017.10.06 白杖講習会を行いました

 

みなさんこんにちは。

先日、栃木県視覚障害者福祉協会 様のご依頼による

白杖講習会を行いました。

 

白杖とは、視覚に障害をお持ちの方が安全に外出するための道具であり、

白杖を使って様々な環境の情報を得たり、周囲の人や車のドライバーに注意を促す役割もあります。

初めて参加される方はもちろんですが、既に白杖で歩いている方も参加していただくことで、

基本技術の見直しになります。

 

 

白杖講習会の会議室の様子

白杖についての概要説明やそれぞれお持ちの白杖の長さをチェックしました。

 

白杖の振り方の練習の写真

基本的な振り方の練習をしているところです。

 

 

伝い歩きの訓練風景

福祉プラザの館内を使って、白杖による壁の伝い歩きも練習しました。

 

周辺を説明している教室の写真

 

わかくさ広場をみんなで歩行している写真

午後は、福祉プラザの館内や周辺状況などを説明し、

最後に外の広場で、環境音やさわやかな風を感じながら歩きました。

 

白杖にも正しい使い方があり、白杖で歩くためには訓練を必要とします。

また、初めて白杖を申請される方の場合、自分の身長に適した長さを選ぶことはもちろんですが、

歩く速度や、使用目的・用途・場所等によって選ぶ白杖が異なるため、

白杖歩行や、白杖選びで困っている方がおられましたら是非ご相談ください!

 

それではまた。