活動日誌

2018.03.23 救命講座を受けました。

こんにちは。

暖かい日と寒い日が繰り返される季節の変わり目、

皆様体調は崩されていないでしょうか?

協会では11月と3月に消防訓練を実施しておりますが、

今回は消防訓練の後、鹿沼消防署さんに救命講座を行っていただきました。

 

どこかで受けたことのある職員から、初めての職員まで、

皆、消防士さんのお話を真剣に聞きます。

救命手順の話を聞く職員達

誰かが目の前で倒れた時、倒れているのを発見した時、

まずしなければならないこと、その後の適切な対応について、

お話を聞いて、そして体験してみます。

心肺蘇生

心臓マッサージ。体力を使います!

 

AED体験

AEDも「あれ?こういう時はどうするの?」と、

状況によって迷いそうなパターンについて、次々と出てくる質問に

分かりやすく答えていただき、正しい使い方を再確認できました。

 

実際には起こって欲しくないけれど、

「いざ」という時にスムーズに動けるように

救命方法も時々頭の中でシミュレーションをしたり、

災害時の緊急持ち出し袋と同様に、定期的に再確認をすることが大切だなあと

実感しました。

 

いろいろな場面でお役に立てるよう、職員一同これからも精進してまいります!