活動日誌

2018.03.30 盲導犬ふれあいキャラバンin茨城 開催しました☆

みなさんこんにちは!

一段と暖かくなり、桜たちも一斉に咲き始めた宇都宮です。

そんな春の訪れと共に、茨城キャラバンを開催することができました。

今回もたくさんの方にお越しいただくことができ、盲導犬についてや視覚に障がいをお持ちの方の歩行についてのご理解を深めさせていただくことができました。

会場の様子。講話をする職員と、椅子に座って聞かれるみなさま。

講話を熱心にお聞きくださってありがとうございました。

オレンジ色のコートを身に付けて伏せをするパピーオレンジ色のコートを身に付けて伏せをするパピー2

今回は2頭のパピーとパピーウォーカーさんもお手伝いくださり、インタビューにもお答えくださいました。

ユーザーがインタビューに答える様子

2名のユーザーさんと2頭の盲導犬も参加くださり、みなさんにメッセージをくださいました。

訓練士と訓練犬デモの様子。向こうから犬が走って訓練士に来るヒールをする訓練犬

デモンストレーションでは犬の動きに多くのみなさんが感心をしてくださいました。

ボランティアさんとユーザーさんとお客さんがふれあう様子ポスターを配置し、それを見ていただく様子

ブースごとにボランティアさんやユーザーさんとみなさんが距離を縮めてふれあうことができました。盲導犬をより身近に感じていただいた瞬間でした。

希望者の方に白杖をお教えしている様子白杖での歩行をお伝えする様子。実践していただく。

視覚に障がいをお持ちの方の歩行手段である白杖や手引きでの歩行の仕方を、少しではありますがお伝えさせていただきました。

みなさま積極的にご参加くださり、理解を深めることができました。

会場の様子。受付から撮ったもの。

茨城県立盲学校様に多大なるご協力を賜りまして開催に至ることができました。いつも本当にありがとうございます。

また、当日の準備から片付けまでお手伝いくださったイベントボランティア様、パピーウォーカー様、ユーザーの皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

そして当日お越しくださいました皆様、本当にありがとうございました。

これからも視覚に障がいをお持ちの方もお気軽にご参加いただけ、そして「来てためになった!」と感じていただけるようなキャラバン作りを目指して参りたいと思っております。

 

皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆