活動日誌

2018.09.07 ウェルカムデー2018 レポート ~2階編~ その②

ウェルカムデーの2階での様子、その②です。

メインイベント 『盲導犬ユーザーさんのお話』 です。

 

 

毎年、ウェルカムデーでは、当協会を卒業された盲導犬ユーザーを
お招きしていろいろなお話を伺ってきました。

盲導犬ユーザーが椅子に座り、その足元で伏せている盲導犬

 

今年は、スーツをビシッときめた男性のユーザーさんと、
ちょっと外人風なお顔の盲導犬のペアに来ていただきました。

ニコニコ顔のユーザーと盲導犬。職員がインタビュー中           徹子の部屋風の職員とユーザー&盲導犬
笑顔がステキなペアです。

 

視覚障がいになった頃のこと、盲導犬と歩くことになったきっかけ、
現在の盲導犬との生活の様子、そして皆さんが盲導犬と街中で出会ったときのお願いなど
ひとつひとつ丁寧にお話してくださいました。

 

 

質問するときは、手を挙げるだけではなく、ユーザーさんにもわかるように
「ハーイ」と声を出してねと職員がお伝えすると、きちんと皆さん「ハーイ」と声をあげてくれました。

会場に向かって手を挙げて声を出すように職員が伝えている       最前列の子どもにマイクを向け、質問を聞いているところ

何名かの人に、盲導犬ユーザーさんに向けて質問をしてもらいました。

「盲導犬とどうやって歩いているの?」とか
「盲導犬が病気になったときはどうするの?」などの質問が出てきました。

 

 

最後は盲導犬のハーネスを外し、少しだけふれあいタイム。
盲導犬について調べているという学生さんが熱心にユーザーさんに質問をしていました。

 

普段、なかなか出会うことのない盲導犬ユーザーとお仕事中の盲導犬。
とても貴重なお話を伺うことができました。

 

 

そして最後のイベント 「盲導犬デモンストレーション」 です。

今回は少人数クラスとなりましたので、どこに座ってもバッチリ見える!!
余裕をもってデモンストレーションを行えました。

 

まずは1階で体験もしていた≪白杖≫の簡単なご紹介。
そして盲導犬の一生の話をする中で、訓練の様子を実際に動いてご紹介。

コットンを引っ張り合っているところ

「オモチャ ノ ヒッパリアイッコ タノシイノ~!!」

コットンで誘導して訓練犬が座ったところ

「コレハ シット ナノネ」

コットンで誘導して訓練犬が伏せたところ

「コレハ フセ ナノヨネ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

座らせたまま訓練犬を待たせているところ

「コンドハ マツ ノネ」

ヒールをして頭を撫でられているところ

「ヒール ハ ヨコニイルト ホメラレルノヨ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訓練士と訓練犬の息の合った、いつも行っている基本訓練の姿です。
訓練犬は会場に緊張もせず、しっぽブンブンでニコニコしながら頑張っていました。

 

 

続いて誘導訓練の様子のご紹介。

障害物発見

路上駐車発見!!よく見てね!!

障害物をよけているところ

「ヨケマース」

 

 

幅のある障害物をPR犬に見せているところ

この幅!!よく見てね~!!

幅のある障害物をよけているところ

「ヨケマース」

 

高さのある障害物をよけているところ

高い所にも障害物があるよ~

高いところにある障害物をよけているところ

「ヨケマスー」

 

 

この段差ちょっと高いねぇ。

 

 

高い段差で躊躇するPR犬

「コレハ ダンサ? カベ??」

 

 

段差に前足をかけて停止している様子

「ダ…ダンサ ハ コノヨウニシテ トマルノデス…」

下り段差で停止している様子

「クダリ ノ ダンサ カクニンシテネ☆」

 

段差は、小さいからだのPR犬にとっては壁のような高さだったようで…
なかなか足をかけるのに勇気が必要だったようです。

 

誘導訓練の様子を紹介した後は、アイマスクをしてどこまでできたかの確認です。

職員がアイマスクをしてのPR犬が誘導している様子

「コッチデス~」

段差で足をかけて停止しているようす。やや右端寄り。

「カベ…カトオモッタラ ダンサノヨウデス…」

 

 

 

 

 

緊張しながらも、しっかり誘導したPR犬。

段差はやはり壁だったようで、なかなか足をかけることができませんでしたが、最後は頑張りました!

最後は手引きの方法をご紹介。

手引きをしているようす

皆さんも、誘導をお願いされたときには写真のような方法で行ってみてください♪

 

 

今年はとてもコンパクトなウェルカムデーとなりましたが、
その分ご参加いただいた方たちにとっては、密度の濃い時間となったと思います。

 

来年も開催する予定ですので、ぜひ遊びにきてくださいね!!

「マッテマース☆☆」