m点

2019.08.26 ウェルカムデー2019レポート③

いよいよ!

ウェルカムデー2019レポート③です!!

午後からは盲導犬ユーザーさんを迎えて、お話を聞きました!

盲導犬ユーザーと足元に盲導犬、向かって左側に職員がちょこんと座っている職員からインタビューを受けて笑顔で答えているユーザー。足元に背中を向けて寝ころんでいる盲導犬。

盲導犬と暮らす前のことや

盲導犬と歩くことになったきっかけ

盲導犬と一緒に過ごしている今の生活など

ご自身の体験されたことや感じたことを、深いところまで話してくださいました。

ニコニコ笑顔のユーザー会場の質問を聞きにかけつける職員

職員からの点字のお手紙をその場で読んでもらったり

会場の人たちから受けた質問に答えてもらったりと、終始和やかな雰囲気で進みました。

 

そして、後半は盲導犬デモンストレーション!

今回は『盲導犬って可愛そうなの?』というテーマと

『街中で盲導犬と出会ったらどうする?』という2つのテーマで

劇団EJGDA(協会職員)による寸劇を交えたデモンストレーションを行いました☆

 

まずは盲導犬の訓練の様子。

パピーに参加してもらいながら、どの様に盲導犬の訓練を進めていくのかをご紹介。

パピーと職員がオモチャで引っ張り合いっこをしているところ

楽しく遊んで~

パピーがピシッとシットしているところ

「シット!」ぴしっと決まりました!!

PR犬が職員の横をぴったりヒールしているところ

こちらは完成バージョンのご紹介。どんな速度でも、どんな方向でも「ヒール」と言ったら磁石のようにくっついて歩きます!

手作り横断歩道の前で止まるPR犬

ハーネスをつけて誘導訓練の様子もご紹介!

 

盲導犬がどのように日常生活を送っているのか、また、街中で見かけたときのお願いなどをユーザーさんの話を交えながら寸劇でご紹介。

ストーリーは、‟自宅から美味しいと評判のお寿司屋さんまで、電車に乗ってお出掛けする”という内容です。

説明が長くなるところは、わかりやすく伝わるようにペパー盲導犬にチェンジ…

家を模したスペースで、ユーザーに扮した職員がPR犬のグルーミングをしている  ペパー盲導犬(張りぼて)で歩行スタート 駅のホームでの様子。周りには携帯電話を見ながら立っている人がたくさん。避けて歩いているうちにホーム端へ… どのような対応をしてほしいか、模範をマルを掲げた職員が、やってほしくないことをバツを掲げた職員が実践  西原寿司に到着。あまりの好演に待機中の職員が思わず笑っている。 手引きで店内へ誘導している場面。 困ったお客さん役の職員がPR犬に触ろうとし、ユーザー役の職員が困っている場面。 横断歩道の青信号を会場のみんなから教えてもらって無事に渡り終えている場面。

どの場面でどのようなことをお伝えしたいのか…それぞれわかりましたか??

ほとんどぶっつけ本番のような状態でしたが、お互いの好演っぷりに笑いを抑えきれない場面もありつつ、それでも息を合わせながら会場の人たちと一緒になってお話を進めていきました。

 

お盆最後のとても暑い一日でしたが、100名を超える方々にお越しいただき、見え方や盲導犬について学んでいただいた熱い一日となりました。

ウェルカムデーにお越しいただいた皆さまも、当日は来られなかったけれど、今このページを読んでくれている皆さまも、盲導犬育成事業に関心をもっていただきありがとうございます!

来年も更に良いものにしていきたいと思っていますので、どうぞ応援のほど、よろしくお願いします!

 

2019.08.26 ウェルカムデー2019レポート②

お待たせしました!

ウェルカムデー2019のレポート②と③を続けてお伝えしまーす!

まずはレポート②、2階エリアのご紹介ですっ

会場2階受付の様子

2階では見えにくさ体験や点字体験、パピーたちとのふれあいを行いました!

 

机に並べられた便利グッズの数々 かっこよく斜めから撮影した便利グッズの数々

こちらはいろいろなユニバーサルデザインの物や点字資料などを実際に触れながら見られるコーナー♪

どんなものがあるのかな?

 

点字体験をしている親子ボランティアさんが点字体験ブースをまとめている場面。

お隣は点字を打ってみよう!のコーナー♪

ベテランボランティアさんに教えてもらいながら、ぷちぷちと自分の名前を打ってみます。

 

点字を読んでみよう!の受付。点字の読み方を教えている職員と、聞いている親子。

点字を打ってみた後は…じゃん!今回の新コーナー!!

点字を読んでみよう!のコーナー♪

どうしたら点を指で触って読めるようになるのか、点字マスターの職員が丁寧にお伝えしていきました。

アイマスクをつけて点字を読む体験をしているふたり。

最後はアイマスクをつけて実際に指でたどって読んでみます。

指先の感覚に集中して…さて、なんと書いてあったのでしょう?

 

白濁体験ブースブースが盛況な様子。

見えにくさ体験コーナー♪は、2つに分かれています。

ひとつは『シュワッチメガネ』と呼んでいた、白濁の見え方の体験です。

はじめに目の構造と、どうして白濁の状態になるのかを医学的に説明し…

白濁体験の説明をテーブルの真ん中でしている職員と、体験メガネをかけている体験者たち。 白黒反転の絵を真剣に見ているこどもたち。

実際に『シュワッチメガネ』をかけた状態でいろいろな見え方の違いを体験。

あれ、こっちの方が見えやすい!これは見えなくなっちゃうねなどと親子・お友達同士で会話をしながら体験してもらいました。

 

視野狭窄メガネで写真に写っている犬の数を指を添えて数えている体験者。

こちらは『とんがりメガネ』と呼んでいた、視野狭窄(しやきょうさく)体験です。

写真の中の犬は何頭いるかな~?と探してみたり…

立ち上がって文字パズルを合わせようとしている男性。 文字パズルの最後に1ピースを考えている女の子。

大きい文字のパズルをしてみたり…

「最後の1ピースがうまくはまらない…」と悪戦苦闘。

視野が狭くなることで、普段何気なくできていることが難しくなったり、少しの工夫で見やすくなったりすることを実感してもらいました。

 

パピーのふれあいをしているパピーウォーカー。パピーは正面カメラを向いて伏せている。来場者に撫でられる直前のようす。パピーは舌を出してにっこり。

そして2階の一番奥ではパピーとの触れ合いコーナー♪

パピーウォーカーにご興味ありませんか~?一緒にボランティアとして活動してみませんか~?

可愛いパピーとふれあいながら話が盛り上がっていました☆

 

2階の各コーナーのご紹介は以上ですっ

続いてレポート③、いよいよユーザーさんのお話と…劇団EJGDA(ただの協会職員です)によるデモンストレーションについてですよー!

お楽しみに☆彡

2019.08.26 きずな倶楽部 その117「一般社団法人日本自動車販売協会連合会栃木県支部」様

毎年、ご支援をいただいております

一般社団法人日本自動車販売協会連合会栃木県支部様から

今年も貴重な浄財を賜りました。

 

このご寄付は栃木県自動車販売店協会会員の全従業員様が参加される

「無事故・無違反コンクール」にて

無事故・無違反を達成されたチームに贈られる記念品の購入費用を

「盲導犬育成のために役立てていただきたい。」

という皆様からのあたたかいお気持ちから成り立っています。

 

 

日本自動車販売協会連合会さまと当協会副理事長高橋文吉

目録贈呈の様子

(写真左側 小平雅久会長、右側 当協会高橋副理事長)

 

盲導犬と盲導犬使用者が安全で快適な社会生活を送るためには

社会の皆様からのご理解とご協力が欠かせません。

ご協力いただきました従業員の皆様、

一般社団法人日本自動車販売協会連合会栃木県支部様

この度は誠にありがとうございました。

皆様からのご支援を励みに、良質な盲導犬の育成に努めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。