イベント

ウェルカムデー2019レポート②

  • 開催日:2019.08.18 11:00~13:30
  • 開催地:東日本盲導犬協会
  • イベント内容:募金活動, チャリティグッズ販売, デモンストレーション, 犬たちとのふれあい

お待たせしました!

ウェルカムデー2019のレポート②と③を続けてお伝えしまーす!

まずはレポート②、2階エリアのご紹介ですっ

会場2階受付の様子

2階では見えにくさ体験や点字体験、パピーたちとのふれあいを行いました!

 

机に並べられた便利グッズの数々 かっこよく斜めから撮影した便利グッズの数々

こちらはいろいろなユニバーサルデザインの物や点字資料などを実際に触れながら見られるコーナー♪

どんなものがあるのかな?

 

点字体験をしている親子ボランティアさんが点字体験ブースをまとめている場面。

お隣は点字を打ってみよう!のコーナー♪

ベテランボランティアさんに教えてもらいながら、ぷちぷちと自分の名前を打ってみます。

 

点字を読んでみよう!の受付。点字の読み方を教えている職員と、聞いている親子。

点字を打ってみた後は…じゃん!今回の新コーナー!!

点字を読んでみよう!のコーナー♪

どうしたら点を指で触って読めるようになるのか、点字マスターの職員が丁寧にお伝えしていきました。

アイマスクをつけて点字を読む体験をしているふたり。

最後はアイマスクをつけて実際に指でたどって読んでみます。

指先の感覚に集中して…さて、なんと書いてあったのでしょう?

 

白濁体験ブースブースが盛況な様子。

見えにくさ体験コーナー♪は、2つに分かれています。

ひとつは『シュワッチメガネ』と呼んでいた、白濁の見え方の体験です。

はじめに目の構造と、どうして白濁の状態になるのかを医学的に説明し…

白濁体験の説明をテーブルの真ん中でしている職員と、体験メガネをかけている体験者たち。 白黒反転の絵を真剣に見ているこどもたち。

実際に『シュワッチメガネ』をかけた状態でいろいろな見え方の違いを体験。

あれ、こっちの方が見えやすい!これは見えなくなっちゃうねなどと親子・お友達同士で会話をしながら体験してもらいました。

 

視野狭窄メガネで写真に写っている犬の数を指を添えて数えている体験者。

こちらは『とんがりメガネ』と呼んでいた、視野狭窄(しやきょうさく)体験です。

写真の中の犬は何頭いるかな~?と探してみたり…

立ち上がって文字パズルを合わせようとしている男性。 文字パズルの最後に1ピースを考えている女の子。

大きい文字のパズルをしてみたり…

「最後の1ピースがうまくはまらない…」と悪戦苦闘。

視野が狭くなることで、普段何気なくできていることが難しくなったり、少しの工夫で見やすくなったりすることを実感してもらいました。

 

パピーのふれあいをしているパピーウォーカー。パピーは正面カメラを向いて伏せている。来場者に撫でられる直前のようす。パピーは舌を出してにっこり。

そして2階の一番奥ではパピーとの触れ合いコーナー♪

パピーウォーカーにご興味ありませんか~?一緒にボランティアとして活動してみませんか~?

可愛いパピーとふれあいながら話が盛り上がっていました☆

 

2階の各コーナーのご紹介は以上ですっ

続いてレポート③、いよいよユーザーさんのお話と…劇団EJGDA(ただの協会職員です)によるデモンストレーションについてですよー!

お楽しみに☆彡