m点

2019.05.21 ふれあいデー2019~レポート⑤~

レポート④から続きまして…

 

◆チャリティーマッサージ

盲導犬ユーザーさん2名と「栃木県視覚障害者福祉協会」さんに
お手伝いいただき、今年もプロの皆様からの施術を行っていただきました。

こちらも毎年大好評。もちろん今年も大好評♪

 

◆ご寄付受付ブース

今年も、たくさんのご寄付や物品寄付をいただきました。
カワイイいぬボックスもたくさん届きました◎

 

◆犬舎開放
  
こちらも来場者アンケートで常に上位を占める人気ブース。
普段入ることのできない犬舎を「盲導犬ふれあいデー」では開放し、自由に見学していただけるのです。

 

普段の犬舎での生活や、使っている物品など、パネルなどでの説明を貼りだし、
皆様に実際に見て知っていただける様になっています。
(左側の写真で、皆さんが眺めている目線の先には、訓練犬たちがいます。)

 

 

◆犬舎見学ツアー
  
犬舎見学ツアーでは、職員がガイド役となり、犬舎内をご案内しました。
どのように使用するものなのか、マナーコートやレインコートについての説明を行ったり、

 

犬室の中の工夫や、犬舎の作りや日々の生活の様子などを
説明し、質問にもお答えしながら、ご案内しました。

 

 

「盲導犬ふれあいデー2019」レポートも残り、あと2回となり。2階の様子と、デモンストレーションのレポートをお届けします!

 

 

 

 

 

2019.05.21 ふれあいデー2019~レポート④~

レポート③より続きまして、
今回はステージのレポートをお届けしますっ。

 

ステージイベントのはじめは
☆「西方町太鼓の会」さんです。

毎年「盲導犬ふれあいデー」を威勢の良い太鼓の音で盛り上げてくださいまして
今年も大いに盛り上げていただきました。

 

続きまして
☆盲導犬ユーザーバンド「ウィングス」さんです。

今年もパートナーの盲導犬とともに、カッコイイ音色で、
会場を沸かせてくださいました。

 

続きまして
☆「盲導犬3択クイズ」

例年の〇×クイズから難易度を上げまして、今年は3択問題にしてお届けしました。
「お店に盲導犬ユーザー&盲導犬が来ました。店員さんのあなたはどうご案内しますか?」など
実際にあるシチュエーションについて皆さんに考えて頂ける問題などを出題しました。

 

 

続きまして、
☆「宇都宮市民吹奏楽団」さんです。

アニメソングや懐メロなど、各世代が楽しめるメロディを
今年も届けてくださいました。

 

 

続きまして
☆盲導犬デモンストレーションです。
こちらは、ボリュームがありますので別途レポ―トをお届けします。

 

 

 

続きまして、
☆「albedo0.39」さんです。

シンセサイザーを駆使して、誰にでもわかかります曲を交えて盛り上げてくださいました。
流行りの曲では、会場の子供たちがメロディに合わせて踊っていたり♪

 

 

ステージイベントの最後は、
☆「盲導犬体験歩行」です。
    
実際にアイマスクを着けまして、盲導犬ユーザーと盲導犬との歩行を体験を行いました。
交差点など角での停止や障害物回避などの動きやハーネスから伝わる情報などを体感していただくものです。

 

たくさんの出演者の方のご協力をいただきまして、
ステージイベントを盛りだくさんの内容で開催する事が出来ました。◎

 

「盲導犬ふれあいデー」レポートはまだ続きます。

「盲導犬ふれあいデー2019」イベントレポートのバックナンバーは
【ふれあいデー2019まとめ】ページにて★

 

 

2019.05.16 ふれあいデー2019~レポート③~

レポート②より引き続き…

 

館内では、お着物の方がいらっしゃったのに気づきましたでしょうか?

こちらも例年大人気のお抹茶コーナーです。

 

実はお抹茶ブースでは、盲導犬ユーザーさんに毎年お手伝いいただいています。


着物のユーザーさんに合わせてパートナーの盲導犬も和柄の
マナーコートを着ておりました。

 

毎年、お抹茶飲んでみたい!という思いがありますが、
当日は大忙しなので味わう機会がありません。
今回はスタート前にお邪魔して2ショット撮らせていただきました◎

 

 

お抹茶ブースのお隣では軽やかな音と動く人々が。
こちらは「サウンドテーブルテニス」ブースです。

実際に普段サウンドテーブルテニスをやられているユーザーさん
お2人にお手伝いいただき、午前午後を担当していただきました。

 

サウンドテーブルテニスは名前の通り、音をヒントに行う卓球です。
違い①:球の中に4つの金属が入っていて、転がると音がします。
違い②:通常の卓球ではネットの上を通しますが、サウンドテーブルテニスではネット下を通します。
違い③:下の写真をよーく見てください

午後担当のユーザーさんとパートナーの盲導犬。

 

 

(ヒント☆ユーザーさんの持っているラケットにご注目!)
通常の卓球はラケットには赤や黒のラバーが付いていますよね?

 

 

違い③:ラバーの貼っていない木製ラケットを使用します。

 

 

音を聞いて転がってくる方向・打ち返す方向を判断するのがとても難しいですが、
ぜひ皆さん一度体験をしてみて下さい。
軽快なリズムで打ち返せる選手の凄さがわかるはずです。

 

そして、今回前日に急いで作り上げた力作。告知が足りずで気付かなかった方も
多かったのが残念でしたが、「フォトスポット」も実はあったんです!

 

 

実際にハーネスを握って、盲導犬と歩いているような1枚の撮れる
「映える」写真スポットが実はございました。

 

PR犬の中でもビューティー担当の写真を大きく印刷して、
フォトスポットに仕上げてみました。

 

 

そして当日撮りそこねましたが、犬舎にいる訓練犬・PR犬を紹介する
「犬舎犬紹介」ブースも壁に貼りだしておりました。


各担当がそれぞれの犬達のカワイイ所・得意な事を紹介したものです。

 

現在は協会の廊下に貼りだしております。
実はこちら、点字での訳もついておりますので触って紹介文を読む事もできるのです。

 

見れなかったという方はぜひ、協会にお越しの際に見て見て下さい◎

 

 

 

ではでは、レポートは④へ続きます。