2018.08.11 ツバメさん日記2018。その3。

8月も半ばを過ぎました。

毎日暑さが厳しいですね。

7月あたまにツバメさんの2件目のおうちのお話をしましたが

その続編をお伝えします。

 

7月の半ばになり、まだかな~まだかな~とヒナの声が聞こえるのを楽しみに待っていた職員&ボランティアの方々。

ついに、巣の中からぽあぽあの頭が見え始めました。

そこからがヒナたちの成長はあっと言う間!!

 

8月あたまにはこうなっていました。

ぽあぽあズと親鳥

 

暑すぎたり、雨が強かったりすると、親鳥さんはクリアボードの上でご休憩。

ちょっとでも親鳥が羽繕いをしようものなら大口を開けて孟アピールをするぽあぽあズ。

なんだか後ろが騒がしいわネ

 

どんなに騒ごうとも全く気にしていない親鳥。

こんなにヒナ鳥の近くで休む親鳥もなかなか見られないので、なんだかほっこり。

さらに2,3日後。

みっちり

 

もう定員オーバー気味の巣

と思っていたらその日のうちに。。。

巣崩壊

 

クリアボードがあって良かった!!!

と思ったのは職員のみで

ヒナたちは広くなった(?)巣で羽ばたきの練習を始めました。

「とぶぜとぶぜ~!!!」

「やめてよ~」

 

巣立ちももうすぐね~なんて見ていたら、

その日の夕方にクリアボードからも落下していたヒナを職員が救助。

 

庭付き一戸建て(半壊)で、楽しく遊びながら巣立ちの準備をしています。

巣から出ようとしない怖がりちゃんもいます

近くで優しく見守る親

近くの電線では、おそらく5月に生まれた兄弟ツバメたちもヒナたちの巣立ちを待っています。

無事にみんな巣立ち、また来年親鳥として戻ってくるのを楽しみにしていま~す!

2018.08.09 夏休み。

こんにちは。
夏休みも中盤を迎える頃ですね。宿題は順調でしょうか?

 

協会でも夏休み中は見学会や出張講演にと
PR犬達はフル稼働しております。

 

夏休み中の子供たち向けての啓発シーズン真っただ中です。
そんな啓発の様子を撮る事ができましたので、ご紹介します。

 

綺麗な芝生がドーン。

 

やってきたのは、とても綺麗な建物の場所。今回の会場はこちらです。
(とある協会さんの外観に似ていたのでそれっぽい角度で撮ってみました)

 

スクリーンを使い、映像をまじえて視覚障害や盲導犬について説明。

大きなスクリーン!!

 

 

訓練の実演も行います。

【sit】はこうです。

 

ハーネスを着けての誘導訓練の様子も。

【Left】に進みます。

 

コースを1周廻って、盲導犬の仕事の様子を間近で披露。

障害物回避もバッチリ。

 

 

こんな風にして、お話と実演を交えて
盲導犬や視覚障害について知って貰うべく
PR犬は夏休み中も頑張ってお仕事してます◎

 

8/19(日)のウェルカムデーでも盲導犬デモンストレーションを行いますので
ご都合のよろしい方はぜひお越し下さい♪

 

お待ちしてまーす。

2018.08.08 きずな倶楽部 その93「第一生命労働組合 栃木支部」様

毎年ご支援いただいております「第一生命労働組合 栃木支部」様から

委員長でありますオフィス長の 辻裏康宏 様、課長の 下山利昭 様が

当協会まで足を運んでくださいました。

第一生命労働組合様寄付贈呈の写真

(写真向かって左)下山様、(写真中央)辻裏様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのご寄付に加え、未使用のテレホンカードもいただきました!

 

第一生命労働組合栃木支部様には、社会貢献活動の一環として、5年前

から組合員一人一人の皆様より温かいご支援をいただいております。

また、組合員様へ配布されている機関誌に掲載していただくために、

当協会の活動も取材していただいております。

 

第一生命労働組合様へ感謝状贈呈

感謝の気持ちを込めて、当協会の奈良部事務局長から感謝状を贈呈させていただきました。

組合員の皆様、たいへんありがとうございました。

 

これからも視覚障害者の方々の自立支援と社会参加に

貢献できますよう、職員一丸となって努めてまいります。

以前の紹介記事はこちらです。