2017.07.28 盲導犬のハーネスってどんなだろう?

みなさんこんにちは!

夏休みに入り、自由研究などに悪戦苦闘しているお子様方もいらっしゃるのではないでしょうか?

まだお題が決まっていないお子様はいませんか?

こんな機会にぜひ盲導犬について取り上げていただけたらうれしく思います。

 

本日は盲導犬の象徴でもあるハーネスについて少しお話させていただきます。

東日本盲導犬協会のハーネスの写真。胴輪部分は革製、ハンドル部分はステンレス製、持ち手はグリップがまかれている。ハーネスバッグというカバンがついている。色はオレンジ色

盲導犬の歩行はハーネスなしでは成り立ちません。

リード(引綱)だとダメなの?というご質問もいただくのですが、

リードだと犬がどちらに向いているのかが、まったくわからないんですね。

盲導犬を使われる方は視覚に障がいをお持ちです。

手からの情報で、犬がどちらに向いているかを確認しながら歩いていかなくてはならないのですね。

その時に活躍するのがハーネスです。

ハーネスをつけている犬を上から写した写真。

ハーネスは犬の胸部分に固定されており、犬の動きがダイレクトに手から伝わってくるんですね。

リードだとわからないような細かい動きも、ハーネスからだと読み取ることができます。

わかりやすい写真があります。

イエローラブがハーネスをつけて立っている横からの姿。

こちら立っている犬の様子です。

ハーネスの持ち手部分の高さに注目です。

ハーネスをつけている犬がSITしているのを横から写した様子

こちら犬が座っています。

ハーネスの持ち手部分の高さが、立っているときに比べると

大きく下方向に下がったことが見て取れます。

持ち手を持っていると、腕が下に引っ張られると思います。

その感覚によって「犬が座ったな」とわかるのです。

 

歩行中でも手からの感覚によって「あ、今左に曲がったな」とか「段差で止まったな」ということを知ることができるのですね。

ちなみによくある質問で

「ハーネスについているバッグには何が入っているのですか?」というものがあります。

ハーネスのみを上から写した写真。ハーネスバッグには表にクリア

それについてはこちらを参考にしてくださいね!

ハーネスバッグの中身とは?

 

8月20日(日)には当協会のイベント

「ウェルカムデー夏休みこどもスペシャル2017」も開催予定です。

アイマスク白杖体験コーナーや弱視体験コーナーも設置!

体験を通して盲導犬や視覚障がいについての理解を深めてくださいね!

それでは、また!

 

2017.07.26 きずな倶楽部 その69「一般財団法人生命保険協会 栃木県協会」様

今年も一般社団法人生命保険協会 栃木県協会様が、ご寄付を

お持ちくださいました。

無償で貸与している盲導犬育成事業運営資金の9割以上が、

多くの皆様方からの浄財で賄われている現状を知って、

4年前からご支援いただいております(昨年の記事はこちら)。

今年は栃木県協会長(第一生命栃木支社長)の屋代一英様が

永野秀晴事務局長様と来所され、

伊藤文子業務執行理事に多額の寄付金を贈呈してくださいました。

 

屋代一英会長よりご寄付を受け取る伊藤業務理事と白いマナーコートを着た黒いPR犬の写真

 

長年のご支援に感謝の気持ちを込めて、伊藤文子業務執行理事から

屋代一英会長様に感謝状を贈呈させていただきました。

伊藤業務理事から屋代一英会長へ感謝状を贈呈している写真。足元に白いマナーコートを着た黒いPR犬が伏せています

ご支援くださった保険協会の皆様に心から感謝を申し上げます。

誠にありがとうございました。

2017.07.26 ららぽーと新三郷店のイベント報告

夏本番。

協会のまわりでもセミたちがラブソングを盛大に奏でています。

そんな中でも、夕暮れ時には赤とんぼを見かけるようになりました。

まだまだ暑いですが、きっと秋もあっという間にやってくるのでしょうね。

 

さて、少し前になってしまいましたが、ららぽーと新三郷店でのイベント報告をします!

当日はパピー(盲導犬候補の仔犬)が、なんと5頭も参加してくれました!!

今回はデモンストレーションがありませんでしたが、パピーたちのおかげでにぎやかなイベントとなりました~。

仔犬が1頭座っているところ

「チョット キンチョウ シマス…」

仔犬がボランティアさんの後ろに隠れている写真

「ココナラ アンシン デス」

はじめは緊張してパピーウォーカーさんの後ろに隠れていたパピーちゃんも

「ナンダカ タノシイ デス―♪」

後半はニコニコでふれあいをしていました~

 

さて、ここで、もしもイベント会場や道端で盲導犬候補のパピーちゃんたちと出会ったときの、ふれあい方についてお伝えします!

伏せている仔犬をとりかこんで触れ合う人々

「ミナサ~ン キイテ クダシャーイ」

はい、皆さん、しっかり聞いてくださいね!!

仔犬が1頭伏せてふれあい待ちをしているところ

「こんにちは~」

まずは犬を連れている人に、あいさつをした後、犬を触っていいか聞いてみましょう!

仔犬がふれあいに来たあかちゃんの手のにおいをかいでいる

「クンクン」

「フムフム」

次に自己紹介。手の甲を犬の鼻に近付けて!クンクン臭いをかいだらOKです!

「ドーゾー ナデテー」

そのあとゆっくり首元から頭をなでなでしましょう。

「オシリ デモ イイヨォ~」

顔のあたりを撫でるのがちょっとこわい人は、おしりをなでなでしましょう。

「アハハ オナカ ナデテ~ ウハハ」

そうこうしている間にお腹を出してくるかもしれませんので、お腹をなでなでしてもよいでしょう。

「オミミハ チョット クスグッタイワ」

お耳やしっぽや手足の先は敏感なので、触るときは優しくね。嫌がったら触るのをやめてあげてね。

「モットー!! アソボー!!!」

もしも興奮して飛びついたり、甘噛みをするようなら、ちょっぴり離れて落ち着くまで待ってくださいね。

「オチツキマシタッ」

落ち着いたら、またゆっくり優しく撫でてください♪

「ボキン シテクレテ アリガトウ♪」

盲導犬の募金箱を見つけたら、ぜひご協力してもらえると大変嬉しいです!

 

触れ合いの仕方はわかりましたか!?

それでは、次回のイベントでお会いしましょう!!

 

最後になりましたが、ららぽーと新三郷店様には日頃より盲導犬育成事業にご支援・ご協力をいただいております。

この場をお借りし、ご関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます。

また、会場にお越しいただきました多くの皆様に、心から御礼を申し上げます。

ありがとうございました。