お知らせ

2012.05.11 盲導犬訓練士になって、良かったと思うことはなんですか?

人の役に立っているなあ、という強い実感があることです。盲導犬の訓練士は、母親から仔犬が産まれるところから、パピーウォーカーさんに預け、訓練し、ユーザーさんにお渡しして、引退犬として引き取り、亡くなって慰霊碑に骨を埋めるまで、すべてに関わってすべてを見届けます。きびしいコメントを頂く事もしょっちゅうですが、感謝の言葉をかけられる事もあります。それはそれは嬉しいものです。特に、自分の訓練した犬が目の不自由な人のお役に少しでも立っているという実感は、何ものにも代えがたいものです。