盲導犬のお仕事

盲導犬のお仕事

5つのお仕事

盲導犬のお仕事は大きくわけて5つあります。

  • 道の左端を歩く
  • 電信柱や路上に停めている自転車などの障害物をよける
  • 十字路など、道の角でとまって、ここに角があるよと教える
  • 階段など段差の手前でとまって教える
  • 人の指示した方向に進む

道の左側によって歩きます
道の左側によって歩きます

障害物をよけます
障害物をよけます

段差の手前で止まって教えます
段差の手前で止まって教えます

お仕事ができたら、ほめます
お仕事ができたら、ほめます

指示した方向に進みます
指示した方向に進みます

その他、トラックのバックミラーや木の枝など高いところにある障害物もちゃんとよけてくれます。また犬1頭ぶんの道幅はあるけれど人間と一緒に並んで通るには狭い幅の道を盲導犬は「ここは一緒には通れないな」と自分で考えて判断し、安全に通れる道に誘導します。

意外にシンプルに思える盲導犬のお仕事ですが、障害物をよけたり段差を教えてくれるだけで、盲導犬ユーザーは安全に安心して歩く事ができます。

盲導犬はカーナビ?

例えば「コンビニまで連れて行って」と盲導犬に言っても、盲導犬は困ってしまうだけです。盲導犬はカーナビではありません。
目的地に行くまでの道順を盲導犬ユーザーが頭で描きながら、盲導犬に指示を出します。

例えば2個目の角を左に曲がったところにあるコンビニに行く場合。
1個目の角で盲導犬がいったん止まって角を教えます。
その時「ストレート・ゴー(まっすぐ進め)」と指示語を出してそのまま直進。
また次の角で盲導犬が止まった時「レフト・ゴー(左に曲がれ)」と指示語を出して、左に曲がると目的地のコンビニに到着。

まさに人と犬との共同作業です。

ハーネスはお仕事中のサイン

盲導犬がお仕事をしている時には必ずハーネス(胴輪)をつけています。
盲導犬が段差でとまったり、障害物をよけた時に伝わるハーネスの傾きや動きで、「あ、階段があるな」「何か障害物をよけたんだな」と盲導犬ユーザーは道の状況を判断することができます。このようにハーネスは皆さんに「今、お仕事中ですよ」とわかっていただくためのサインでもあり、また盲導犬ユーザーにとっては道の情報を得るための道具でもあります。

白い胴輪がハーネスです
白い胴輪がハーネスです

盲導犬は最高のパートナー

盲導犬の食事やトイレ、月1~2回のシャンプーなど盲導犬のお世話は、基本的に盲導犬ユーザーが責任をもって行います。ワクチンや予防注射など盲導犬の健康管理も同じです。
これによって年月を重ねれば重ねるほど、盲導犬ユーザーと盲導犬の間に深い信頼と絆が生まれます。安全な歩行のお手伝いだけが盲導犬の役割ではなく、盲導犬ユーザーにとって希望と喜びを与えてくれる最高のパートナーでもあります。

ただいまブラッシング中!なんだかお互い嬉しそう!
ただいまブラッシング中!なんだかお互い嬉しそう!