盲導犬のお仕事

盲導犬のお仕事

盲導犬は目的地まで連れて行ってくれる?

そう思っている方もいらっしゃいますが、盲導犬はカーナビではありません。
「郵便局まで連れて行って」と盲導犬に言っても、盲導犬は困ってしまうだけなのです。
歩き2
それでは、どのようにして盲導犬ユーザーと盲導犬は目的地まで行くのでしょう…
★盲導犬ユーザーは…目的地までの地図を頭の中で描きながら、盲導犬に指示を出す
★盲導犬は…主に5つのお仕事をする
盲導犬ユーザーと盲導犬はそれぞれ役割を分担しながら、協力して目的地まで行くのです。

5つのお仕事

盲導犬のお仕事は大きくわけて5つあります。

  • 道の端を歩く
  • 道にある自転車やすれ違う人などの障害物をよける
  • 十字路など、道の角で停まる
  • 階段など段差の手前で止まる
  • 人の指示した方向に進む
道の端に寄って歩く 障害物を避ける
①道の端に寄って歩く ②障害物を避ける
段差での停止 角での停止
③段差での停止 ④角での停止

 
障害物を避ける時には、盲導犬は一緒に歩く盲導犬ユーザーの背の高さや横幅などを意識して、
■木の枝など盲導犬ユーザーが顔やお腹をぶつけてしまう様な高い位置に障害物がないか
■盲導犬ユーザーと盲導犬が並んで歩くことのできる横幅かどうか
盲導犬は「ここは一緒には通れないな」と自分で考えて判断し、安全に通れる道に誘導します。
意外にシンプルに思える盲導犬のお仕事ですが、障害物をよけたり段差を教えてくれるだけで、盲導犬ユーザーは安全に安心して歩く事ができます。

ハーネスはお仕事中のサイン

盲導犬が仕事をしている時には、必ずハーネスをつけています。
歩き2
盲導犬が段差で止まったり、障害物をよけた時に伝わるハーネスの傾きや動きで、
「あ、階段があるな」「何か障害物をよけたんだな」と盲導犬ユーザーは道の状況を判断することができます。また、ハーネスは周囲の皆さんに「今はお仕事中です」とわかっていただくためのサインでもあります。ハーネスをつけている盲導犬を街で見かけた際には、「盲導犬を見かけたら」を思い出して下さい。

盲導犬は最高のパートナー

盲導犬の食事やトイレ、グルーミングや耳掃除・歯磨き、月1~2回のシャンプーなど盲導犬のお世話は、基本的に盲導犬ユーザーが責任をもって行います。ワクチンや予防注射など盲導犬の健康管理も同じです。
これによって年月を重ねれば重ねるほど、盲導犬ユーザーと盲導犬の間に深い信頼と絆が生まれます。盲導犬の役割は安全な歩行のお手伝いのみならず、盲導犬ユーザーにとって盲導犬の存在自体が、希望と喜びを与えてくれる最高のパートナーでもあります。

シャンプー 歩き