盲導犬に向いている犬種

盲導犬に向いている犬種

盲導犬に向いている犬種は、ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバー、そしてラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス犬(F1)の3種類です。

理由としては

性格面において

レトリバー種は、もともと狩猟犬として人と一緒に働く犬です。環境に適応する能力が高く、人間と仕事をすることが大好きな性格の犬なので、盲導犬に向いています。

体格・外見において

からだの大きさが人を安全に誘導するためにちょうどいいサイズです。チワワのように小さすぎたり、セントバーナードのように大きすぎては電車に乗ったり、人混みを歩くのに向いていません。またたれ耳でアーモンド型の優しい目という外見が、周りの人に威圧感を与えないという点でもレトリバー種は盲導犬に向いています。

ハーネスを付けたイエローの盲導犬と訓練士の正面からの写真