もうどうけんってどんなおしごとをしているの?

もうどうけんって
どんなお仕事をしているの?
盲導犬のお仕事は大きく分けると5つあります。
①道の左端を歩くこと。
②障害物を避けること。
③道の角でとまって、ここに角があるよと教えること。
④階段など段差の手前でとまって教えること。
⑤人の指示した方向に進むこと。
です。
そんなに!盲導犬はただ歩くだけじゃなく、その中で色々なお仕事をしているんですね。
もう少しくわしく教えてもらえますか?


p_kids_01_01もちろんですよ。
例えば、みなさんが歩いている時、目の前に、障害物があったらどうするでしょうか。
自転車など望ましいその障害物が見えたら、ぶつからないように、避けて歩きますよね。
道には意外と、お店の看板や自転車が置いてあるものです。
目の見える(視覚に障害のない)人は、自分の目で見て避けることができますが、視覚に障害のある人は、どうでしょうか。
きっとぶつかってしまいますね。


p_kids_01_02そうですね、ここで盲導犬の出番なのです。
盲導犬ユーザーさんの場合は、盲導犬が物をよけてくれます。「物をよける」と聞くと簡単に聞こえますが、盲導犬は自分のことだけを考えるのではありません。物をよけることで、「ユーザーさんが、他の物とぶつからないかな?」「一緒に並んで通れるかな?」と考え、「ここは通れないな。」と判断した時は、安全に通れる道を教えてくれます。
盲導犬ってそこまで考えてユーザーさんを誘導しているんですね。


p_kids_01_03木の枝(orトラックのバックミラー)などよりも高いところにある物も同じです。自分は通ることができても、ユーザーさんはぶつかってしまうなと判断した時は、きちんとよけてくれます。
なるほど!だからユーザーさんは安心して外を歩けるんですね!

bnr_kids_02

bnr_kids_01