m点

2014.01.27 1/18(土)盲導犬ふれあいキャラバンinぐんま を開催しました!

東日本盲導犬協会が開催しています啓発イベントの中に、「盲導犬ふれあいキャラバン」というものがあります。

「キャラバン」というのは、主に、視覚に障がいをお持ちの方を対象に、

盲導犬を取得するまでの手続き方法についてお話をしたり、

盲導犬ユーザーさんにもご参加いただき、実際の盲導犬との生活などをご紹介していただいております。

今回は、視覚障がい者の方向けに加え、一般の方にもご参加いただけるよう、

けやきウォーク前橋様にご協力をいただき、同時進行で「盲導犬ふれあいイベント」を開催しましたので、

その模様をお伝えします。

 

会場は、開始前からご家族連れを中心に、大勢のご来場者の方々にお越しいただき、

今回参加した2頭の訓練犬、そして特に8ヶ月齢の盲導犬パピーの周りには、あっという間に人垣ができていました。

敷物の上でsitしている8ヶ月齢のパピー。周りには大勢のご来場者の方でいっぱい”コンニチハ~ハジメマシテ!”

訓練犬たちは、すぐに横になってしまったものの、室内の啓発に初めて参加するパピーは、

ちょっぴり緊張ぎみです。

sitしながら眼を閉じているパピー”キンチョーシマスデス、ハイ。コウイウトキハ…ミナイフリミナイフリ…”

それもそのはず、会場のけやきコートにはお客様が終始絶えることなく、

デモンストレーション時には100名を越える程の方々にご参加いただくことができました。

100名をゆうに超えるご来場者の方々の前でデモンストレーションを行いました。2階にも大勢の方の姿が…

でも、こうした高いハードルでも、優しいパピーウォーカーのご家族と一緒なら、ほら、もう安心。

今日参加してくれたパピー。敷物の上にdownをし、上手にふれあってもらっています”オトウサンガダイジョウブダヨッテ、ソバニイテクレルノデ、ボクヘッチャラダヨ”

 

デモンストレーションでは恒例となりました、職員のご紹介。

人の職員に交じり、一員として参加している訓練犬たちも紹介していきます。

デモンストレーション時の職員紹介。訓練犬たちも職員の一員として紹介します!”ミナサン、コンニチハ!”

 

いつもですと、BW(ブリーディングウォーカー=繁殖犬ボランティア)さんのお宅で

盲導犬の繁殖犬から誕生した盲導犬の候補犬は、

次に、PW(パピーウフォーカー=仔犬飼育ボランティア)さんに託されます。

そこで、”人社会のルール”を学びつつ、人が大好きになるよう、愛情たっぷり注いでもらったパピーたちは、

一年後、盲導犬としての本格的な訓練を開始すべく訓練犬として協会に戻ってきます。

その後、約一年間の訓練を経て、やがて盲導犬として視覚障がい者の方のかけがいのないパートナーとなります。

というところまでですが、今回は特別に盲導犬ユーザーさんも参加していただいたこともあり、

皆様にも盲導犬ユーザーさんのお話を直接お伝えすることができました。

今日参加してくれた、パピー、盲導犬、それに2頭の訓練犬(PR犬)。全頭downしてデモンストレーションを見守ります

 

”盲導犬”という絆のバトンがどう渡されていくのか、なかなかご覧いただく機会のない中、

今回は、直接一連の流れをご覧頂く大変貴重な機会となったのではないかと思います。

 

PWさんが、「イベントで盲導犬のことを知り、社会貢献になればと始めたパピーウォーキング。

盲導犬として活躍できるようにと、家族で名前を付けました。

彼が来てから、家族の会話と笑顔が増えました。」とお話くだされば、

ユーザーさんからは、「なくてはならない大切なパートナーです。」とのコメントをいただきました。

盲導犬ユーザーさんへインタビューをさせていただきました。少し緊張ぎみのユーザーさんと盲導犬。

 

予定していた時間も、心温まるエピソードの数々に20分も超過してしまいましたが、

どなたもその場を離れることなく、最後まで熱心に耳を傾けてくださっておりました。

盲導犬を足元に待たせ、インテビューにお答えいただいている盲導犬ユーザーさん

 

このように大勢の方々に足をお運びいただくことができましたのも、

盲導犬育成事業に対し、会場のご提供他、全面的にご支援くださったけやきウォーク前橋様、

ご関係者の皆様のご尽力のお陰です。

この場をお借りし、御礼申し上げますと共に、会場にお越しいただきました全ての皆様方にも

心より御礼申し上げます。

 

皆様、ありがとうございました!

今日もフル出場でふれあいで頑張ってくれたPR犬

 

※盲導犬はハーネスを付けている時はお仕事中です!

可愛いからと言って、ふれたりすることは絶対にしないよう、皆さんには引き続きお願いします!

 

 

 

2013.07.18 盲導犬ふれあいキャラバンinとちぎ

 

みなさんこんにちは。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は7月6日に行われました「盲導犬ふれあいキャラバンinとちぎ」のご報告を致します。

今年も昨年同様、栃木県佐野市総合福祉センターの会場をお借りしまして

イベントを開催させていただきました。

 

盲導犬の説明会をしている様子

午前中は視覚障害者や福祉事業者を対象とし、

盲導犬についての詳しい説明や申請の手続き方法などを紹介しました。

訓練犬と一緒に歩く体験歩行では、みなさんに犬と一緒に歩いてもらい、

盲導犬との歩行を実感してもらうよい機会となりました。

盲導犬との体験歩行をしている様子

 

 

午後は一般の方々を対象としました内容で、盲導犬が誕生するまでの流れや

当協会にご協力いただいておりますボランティアについてのお話でした。

盲導犬の訓練風景や、訓練犬たちとのふれあいも大好評でした。

佐野キャラバン会場の様子

 

パピーウォーカーさんにもお越しいただき、

日ごろのパピーの様子や楽しいエピソードなども

お話をしていただきました。

パピーが座っている写真

 

ご協力くださった盲導犬ユーザーのみなさん、ボランティアのみなさん

そして佐野市社会福祉協議会様に感謝致します。

本当にありがとうございました!

 

 

今回、都合により参加できなかった方々に朗報です!

8月3日イオンモール佐野新都市でイベントを開催することが決定しました!

もちろん訓練犬もやってきます。

「盲導犬のお話を聞きたい!」という方は是非お越しください!

詳細はこちらです。

 

 

2013.06.28 6/16 盲導犬ふれあいキャラバンinちば!~そごう千葉店編~

こんにちは。

皆さんは「盲導犬ふれあいキャラバン」と聞いて、どのようなイメージをお持ちになりますか?

私たちの協会では、視覚障がいをお持ちの方および、一般の方に

東日本盲導犬協会の存在と事業内容を知ってもらうことで、盲導犬歩行に関する正しい知識を深めていただく。

視覚に障がいをお持ちの方の歩行手段の一つとして、

盲導犬を選択していただけるよう貸与希望者に向けPRすること。

それに、盲導犬育成事業をご支援いただける方を募ること、などを目的とした啓発活動のことを

「盲導犬ふれあいキャラバン」と呼んでいます。

 

キャラバンは、毎年、地元栃木県をはじめ群馬県、茨城県それに千葉県(2年に一度)において、

関係者の皆様にご協力をいただきながら開催しています。

 

今回の千葉キャラバンは、

JRPS千葉支部主催の「アイフェスタ」で、主に視覚に障がいをお持ちの方と医療関係者を対象としたイベントを、

同時に、一般の方向けの盲導犬ふれあいイベントをそごう千葉店で開催させていただきました。

 

今回は、すでにお伝えしました「千葉キャラバン」アイフェスタ会場に続き、

そごう千葉店前でのイベントの様子をレポートいたします。

 

そごう千葉店正面前のこちらのスペースは、目の前に京成線千葉駅があり、

JR千葉駅、それに千葉都市モノレール千葉駅から近い、非常に交通の便の良い人通りの多い場所です。

そごう千葉店正面入り口前での募金活動の様子そごう千葉店名物のからくり時計

*そごう千葉店の正面入り口には、名物のからくり時計があります☆

 

当日は、朝から強い雨が降り続くあいにくの天気でした。

チャリティーグッズ販売コーナーボランティアさんたちによる募金活動「盲導犬育成募金にご協力くださ~い」

同伴のPR犬と共に募金活動をしてくださっているPWさん

昼になり、ようやく小雨になり始めたころから、京成千葉駅から降りて来られた学生さんたち、

それに、そごう千葉店へshoppingを楽しまれるご家族連れを中心に、

パピーとPR犬たちの周りには大勢の方々の輪ができていました。

 

初めての環境にちょっぴり緊張ぎみのパピー女の子に頭をなでてもらっているPR犬

7ヶ月のパピー。

人の多さに最初はかなり緊張ぎみでしたが…PWさんの上手な対応もあり、ちょっとずつ落ち着いてきました。

いいぞー、その調子◎

PR犬たちも上手に挨拶できました!

 

学生さんたちもまぢカワイイとPR犬をなでてくれました募金してくださった方へ、プレゼントをお渡ししているPWさん。パピーも傍らでdownしています

 

ご来場者の方の中には、そごう千葉店前でパピーたちとふれあいを楽しんだ後、アイフェスタの会場へと向かい、

双方から盲導犬についてご理解を深められた医療従事者の方や、学生さんもいらっしゃいました。

 

会場の様子。チャリティーグッズも好評でした

今回のキャラバンでは、JRPS千葉支部とそごう千葉店双方のご協力により、

2会場同時に開催し、それぞれの会場なりにキャラバンの目的を十分果たすべく、

大きな成果を得ることができました。

JRPS千葉支部様、そごう千葉店様の各ご担当者様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

また、小雨の降り続く中、足をお運びいただき、盲導犬育成のために温かいお心遣いを賜りました

すべての皆様に心から御礼申し上げます。

ありがとうございました!

 

千葉県内にも東日本盲導犬協会から盲導犬を貸与させていただいておりますユーザーが何名かおりますが、

このキャラバンをきっかけに、町で盲導犬をみかけましたら、ぜひ温かい目で見守っていただけたら嬉しいです。

 

さて、次回のキャラバンはいよいよ栃木県での開催です!

7/6(土)佐野市総合福祉センターにて

11時~12時   視覚に障がいをお持ちの方、医療従事者・関係者 向け

13時30分~15時 一般の方 向け

※事前予約は不要

盲導犬、訓練犬、それにパピーたちが皆さんのお越しをお待ちしています!