引退犬オーナー

引退犬オーナー

引退犬オーナー

盲導犬は10歳になると引退します。引退した盲導犬を新しい家族として迎えていただく制度が引退犬オーナーです。引退といっても、犬の10歳はまだまだ元気な年齢です。だからこそ、新しい環境でのんびり余生を過ごしてもらいます。またこのような引退犬オーナーの存在があるからこそ、盲導犬ユーザーは安心して新しい盲導犬を迎えることができるのです。

引退しても新しい家族と一緒に旅行をエンジョイ
引退しても新しい家族と一緒に旅行をエンジョイ

基本的な飼育条件
  • 室内で飼育していただけること
  • 日中、引退犬の世話をできる方がいる家庭。
  • 最期まで責任を持ってお世話していただけること
  • 飼育にかかる費用をご負担頂けること。